アルコールアレルギー - 子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症 私の場合

アルコールアレルギー

スポンサーサイト
入院中に発覚したことがあります。
それは、「アルコールアレルギー」です。

お酒を飲むと
顔が真っ赤になって湿疹が出来たり、下痢をする方
もしかしたらアルコールアレルギーかもしれませんよ。

実は私、昔からお酒を飲むと体中真っ赤になって
しばらくすると湿疹が出ていました。
次の日は、下痢・・・

OL時代、昼食に食べた「山菜きしめん」で顔が真っ赤になって
上司から「何昼間っから飲んでるんだ!」って叱られた事もあります。
もちろんお酒なんか飲んでないです。
考えられるのは、山菜の味付けのお酒か?みりんか?
にしても、普通なら顔が真っ赤になるほどの量ではないはずです・・・
実際、一緒に食べた友人は全く赤くはなってませんでしたから。

そんな症状も、ずっとお酒が弱いのだと思って気にしていませんでした。
もともとあまりお酒って好きじゃなかったので
ほとんど飲むことは無いんですけどね。

スポンサーサイト



実は私は、体にアルコールを付けると赤くなるんです。
今まではあまりきにしていなかったんですが
ある病院で「あら?赤くなるわね・・・」と言われ
「これからは注射するときには必ず「アルコールを付けると赤くなる」と言ったほうがいいですよ」
と言われました。

そして、今回の手術時に「アルコールを付けると赤くなる」ことを言うと
手術時はイソジンで消毒をしてくれたようでした。
アルコールを付けると赤くなるのは
私が思っていた以上に重要視されていたようです。

術後、看護師さんに「お酒も弱いですか?」と聞かれ
「はい、すぐに真っ赤になります」と言ったら
「アルコールアレルギーの可能性ありますね」と言われました。
思えば、父も私と全く同じ症状でした・・・・
遺伝もあるのかもしれませんね。

いつもお酒を飲む度に(それほど量は飲みませんが)真っ赤になって
「何故、自分だけ?」と思っていたんですが
アルコールアレルギーと知ってちょっと気が楽になりました。
お酒が嫌いとか、飲めないと言う前に「アルコールアレルギー」だからです。
これで、人にお酒を勧められた時は
「アレルギーですから」と断れます。

今までは、目上の人から勧められた時は我慢して飲んだり
断って失礼なことをしているって思ってましたから。

スポンサーサイト

タグキーワード
2013-03-30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症 私の場合 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます